トップページへ戻る。
                                        在来工法との比較
トップページへ戻る。 鉄筋ジャバラユニット工法のメリットをご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の作業手順の詳細がご覧になれます。
鉄筋ジャバラユニット工法の品質管理基準とその工程の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の導入方法の流れがご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の工事経歴をご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法を利用された特約店の現地レポートがご覧になれます。 先組用の組立架台をご紹介します。
全国の特約店一覧が、ご覧になれます。 お問い合わせは、コチラから。 ジャバラユニット工法の資料請求ができます。 ジャバラユニット工法の資料請求がFAXで、できます。
鉄筋ジャバラユニット工法の特徴
通常の結束線を使用せず、当社が開発した結束線を使用する事で(鉄筋を結束する結束部分に伸縮部品を、介錯する事により、結束された部分に自由度が付与され、不要な負荷が加わっても、結束線は切断しない。)、運搬コスト、現場にて、人削減、工期の短縮が可能である。
従来の工法 鉄筋ジャバラユニット工法
通常、一般的な先組工法は、現場及び、加工場にて、先行できる部材から、先に配筋を行い、現場にて設置を行う。
@工場にて組立
A運搬
B仮置き
Cクレーン等にて設置
@工場にて組立
A仮置き
B運搬
C仮置き
Dクレーン等にて設置
問題点
組立時、運搬時に自重・衝突に耐える為、又主筋等に電気溶接等を行う為、母材破壊が起こる。
主筋溶接等の為、組立後の変更が出来なくなる。
先に取付を行う為、現場仮置き場が広大な範囲の場所が必要。
運搬車両の荷台より、大きなものは出来ない。
溶接を行う時は、溶接機等の機械が必要になる。
利点
組立時、一般的な先組を結束線だけで組立を行う。(溶接等は、使用しない)
溶接等は使用しない為、母材は傷めない。
重ねて置く事が出来る為、工場及び現場の仮置き場が少なくてすむ。
重ねて置く事が出来る為、運搬車両のコストが、通常の材料を運搬する量と変わりない。
運搬車両より、大きな面積を持つ部材も、畳む事で運搬する事ができる。
  ↑ 上へ戻る
               お客様からいただいたよくある質問です。参考にして下さい。ジャバラユニット工法を既に、利用されているお客様の声です。 鉄筋ジャバラユニット工法が、メディアに紹介されました。 有限会社 柳井通商の会社概要です。 弊社はプライバシーポリシーにのっとり、このサイトを運用しています。弊社のパートナーリンクです。