トップページへ戻る。
                                   最新現場レポート No.16
トップページへ戻る。 鉄筋ジャバラユニット工法のメリットをご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法と在来工法との比較がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の作業手順の詳細がご覧になれます。
鉄筋ジャバラユニット工法の品質管理基準とその工程の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の導入方法の流れがご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の工事経歴をご紹介します。 先組用の組立架台をご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法を利用された特約店の現地レポートがご覧になれます。
全国の特約店一覧が、ご覧になれます。 お問い合わせは、コチラから。 ジャバラユニット工法の資料請求ができます。 ジャバラユニット工法の資料請求がFAXで、できます。
鉄筋ジャバラユニット工法 紹介コーナー
武田建設 株式会社 様
取上げた
理由
全体工期の厳しいS造の現場であり、基礎工事での20日間の工期短縮が求められた。また当初設計より地中梁の形状がドロップハンチ(地中梁端部の梁幅が大きくなっている)となっており、先組した梁をドロップハンチ内に落とし込みが可能な、先組工法に適した構造であった。
特約店 武田建設 株式会社 様
施工建物 ゆめタウン高松本店増築工事
鉄筋数量、工期 96 t
施工日時 平成18年2月20日 〜 平成18年6月20日
記事 通常の現場ではステコン打設後墨出しを行い鉄筋工事の立込となるが、在来工法では20日間の工期の短縮が望めない状況であった。(契約数量96tの内、基礎鉄筋量60t、8人で約2週間の工期が必要)
 
1.FGドロップハンチ部のStをスポット溶接しユニット化
2.FG中央部をジャバラユニット化(ゴム付結束線を使用し、先行組立) 
拡大画像がご覧になれます。 拡大画像がご覧になれます。
Stを工場にてスポット溶接 FGをジャバラユニット化
拡大画像がご覧になれます。 拡大画像がご覧になれます。 拡大画像がご覧になれます。
@
ベース配筋
A
ドロップハンチ部ユニットSTセット
B
FGジャバラ起し
拡大画像がご覧になれます。 拡大画像がご覧になれます。 拡大画像がご覧になれます。
C
FGジャバラつり込み
D
上部幅止め仕舞い
[ まとめ ]
1.工期が厳しい現場及び工期短縮に依ってコストダウンを目指す現場にとっては非常に有効。
2.原設計に於いてドロップハンチを採用していなければ、途中で構造変更は難しい。
3.鉄筋工事に関して大幅な工期短縮が期待出来るが、クレーンの使用頻度が増し又揚重能力も必要となる。
4.工場等基礎工事が主な現場又、マンション等階数がある現場では、この工法は有効と思われる。
  ↑ 上へ戻る
               お客様からいただいたよくある質問です。参考にして下さい。ジャバラユニット工法を既に、利用されているお客様の声です。 鉄筋ジャバラユニット工法が、メディアに紹介されました。 有限会社 柳井通商の会社概要です。 弊社はプライバシーポリシーにのっとり、このサイトを運用しています。弊社のパートナーリンクです。