トップページへ戻る。
                                   最新現場レポート No.25
トップページへ戻る。 鉄筋ジャバラユニット工法のメリットをご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法と在来工法との比較がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の作業手順の詳細がご覧になれます。
鉄筋ジャバラユニット工法の品質管理基準とその工程の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の導入方法の流れがご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の工事経歴をご紹介します。 先組用の組立架台をご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法を利用された特約店の現地レポートがご覧になれます。
全国の特約店一覧が、ご覧になれます。 お問い合わせは、コチラから。 ジャバラユニット工法の資料請求ができます。 ジャバラユニット工法の資料請求がFAXで、できます。
大型地中梁の鉄筋先組ジャバラユニット化に成功しました!
福岡の高層マンションの施工に伴い、免震構造ダンバー部の大型地中梁をジャバラユニット分割施工を行ないこの春、工法特許申請いたしました。

工法名 TJ工法
TJ工法の特徴は、大型の梁を小さく分割したジャバラユニットを組立、分割したユニットを並列させることにより設計通りの形状にして、ツナギ鉄筋を配筋して仕上げる施工法です。

この施工法により今まで難しかった大型の梁組立を簡単に施工することができました。 これによって今後他の免震構造基礎部や大型発電所等の大型基礎耐圧盤工事に充分対応できます。 また少人数の鉄筋施工体制でも大型工事の基礎を施工することが十分可能になりました。

今回施工した梁の概要
地中梁(免震構造ダンバー部)
地中梁鉄筋総重量 約700トン
梁の大きさ 梁幅3,000 × 梁背1,800、主筋D38上下各50本、中子筋20列
スタラップD13 @100
組立終了後の梁総重量 1台当り約12トン 〜 16トン

TJ工法のメリット
仮設費の削減と工期の短縮
地中梁施工に伴う鉄筋受け架台等は一切使用しないので工期の短縮、在来の工法の工期に比べると約30%以上短縮できます。
鉄筋施工人数
全工期現場取り付け作業員は、6人〜10人で施工しました。

詳しいご説明が必要な方はホームページよりメール等で連絡ください。 資料をお送りいたします。

  ↑ 上へ戻る
               お客様からいただいたよくある質問です。参考にして下さい。ジャバラユニット工法を既に、利用されているお客様の声です。 鉄筋ジャバラユニット工法が、メディアに紹介されました。 有限会社 柳井通商の会社概要です。 弊社はプライバシーポリシーにのっとり、このサイトを運用しています。弊社のパートナーリンクです。