トップページへ戻る。
                                               作業手順
トップページへ戻る。 鉄筋ジャバラユニット工法のメリットをご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法と在来工法との比較がご覧になれます。
鉄筋ジャバラユニット工法の品質管理基準とその工程の詳細がご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の導入方法の流れがご覧になれます。 鉄筋ジャバラユニット工法の工事経歴をご紹介します。 鉄筋ジャバラユニット工法を利用された特約店の現地レポートがご覧になれます。 先組用の組立架台をご紹介します。
全国の特約店一覧が、ご覧になれます。 お問い合わせは、コチラから。 ジャバラユニット工法の資料請求ができます。 ジャバラユニット工法の資料請求がFAXで、できます。
共通事項 (拾い出し ・ 加工)

  在来工法で用いられるHOOP筋及び、スターラップは135度ツメ付き加工であるが、鉄筋ジャバラユニット工法では、下側のツメが邪魔になり先組みしたユニットをきちんと折り曲げが出来ない為、下記の要領で溶接閉鎖型もしくは片方のツメを90度の曲げ加工に変更する。
HOOP筋
スターラップ

( 在来工法 )

( 鉄筋ジャバラユニット工法 )
両爪の場合
通常の両爪の形状とし、爪にかかる主筋を予め、巾止め等に預けておき折畳む、現場にて復旧後にコーナー部主筋を正常な位置に納める。
各部位のユニットは、施工現場に於いて、所定の場所にセット後、柱・梁は溶接、壁・スラブはジョイント筋で継ぎ、ダメ仕舞をした後、完了となる。
  (下記をクリックして下さい。各作業の手順がご覧になれます。)

>> 柱 >> 梁 >> 壁・スラブ

               お客様からいただいたよくある質問です。参考にして下さい。ジャバラユニット工法を既に、利用されているお客様の声です。 鉄筋ジャバラユニット工法が、メディアに紹介されました。 有限会社 柳井通商の会社概要です。 弊社はプライバシーポリシーにのっとり、このサイトを運用しています。弊社のパートナーリンクです。